« 沸点 | トップページ | 観覧車 »

言葉の真実

思いを言葉で伝えることは
大切なこと。
難しい時もあるけれど。

相手の思いをくみ取ることも
同じくらい大切なこと。
難しい時もあるけれど。

文字を読み 音も表情もない世界で。
それでも 泣いたり笑ったり
怒ったり 悲しんだり。。。

どんなに自分を隠してみても
隠しきれるものじゃなく。
本気だから きっとちゃんと
向かい合っているはず。
それはみんな同じなのだろうけど。

相手を知りたいから
限られた大切な時間を
精一杯楽しく過ごしたい。
また次に逢いたくなる 
そんな未来を描きながら。

そんなふうに
言葉で聴くのは初めてで。
ちょっと新鮮な感覚。
それは一方通行でもなく
お互いの相乗効果で。

そうだよね。うん。独りじゃない。

だけど

相手を思いやる気持ちの裏側に
優しい思いを優しい人を
演出してるもう一人の自分がいるようで。

わたしは…

言葉を紡ぎながら
その力を信じながら
だけど
言葉を信じていない。

そんな矛盾の中で
冷たい氷の壁に閉ざされているのです。
否、閉ざしているのか。。。

言葉が全てではなく
言葉を纏って
悪さをどこかに隠してるから。
きっと…
わたしは優しい人じゃないのだろう。。

”優しい人が好き”

私はそういう人を信じない。

美しい真実の言葉に焦がれながら
虚飾の言葉を軽蔑しながら
ときに言葉の狭間に陥り
言葉の限界を知る。

言葉の前に 
想いがあり
想いが 
行動をきめてゆく。

だから…

想いとは
言葉じゃなくて
何かを起こすことであって。

言葉は後からついていけばいい。。

のだと… 思う。

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

|

« 沸点 | トップページ | 観覧車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の真実:

« 沸点 | トップページ | 観覧車 »