« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

つかの間の沈殿

苦しい時は 苦しい

無理にもがくのはやめて

いっそのこと

底まで堕ちてしまおう。

ゆっくりと沈んでいきながら

瞳に映る水の天井は

あんなに美しいのに・・・。

どこかで

別の自分が

そんな暢気なことを考えている。

そうして

ひととき底に沈んだら

あとはまた

ゆっくりと ゆっくりと

浮上していけばいいのだから

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (34) | トラックバック (0)

微震

黒いセサミを
溶かしたような
ミルク色の空

冷たい北風に煽られて
心が騒ぎ出す

ミルク色が遥か果てで
街並みと交わるあたりに
きっとあなたは居て。

足もとから
せつなさの微震よ
あなたに届け。

まっすぐに。

空と地の真ん中で
辿り着く場所があるのなら

押し潰されてもいい

一枚の絵のように

あなたの傍で

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仮想恋愛

だいじょうぶ
私はあなたを理解してるから
私のしあわせは 
あなたが笑顔でいてくれること

だいじょうぶ
私ほどあなたを理解してる人はいない
わたしのしあわせは
あなたが安らかでいてくれること

だいじょうぶ
私以外にあなたが誰を好きになろうとも
わたしほどあなたを想う人はいない
わたしのしあわせは
あなたがあなたらしくいてくれること

だいじょうぶ

だいじょうぶ

ダイジョウブ・・・

あなたは何を理解しているのでしょう?

相手を想う気持ちは

その人のためにという
妄想の産物

相手を想う気持ちの前に
幻想という
しあわせな思いこみの中で
自分とだけ戯れている

あなたはあなたしか見ていない・・・

気が付かなければ

それもしあわせ

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

観覧車

見上げた観覧車は
その先にある太陽に
思わず目をつぶるほど眩しくて

「あれに乗りたい」

とココロオドル

ゆっくりとゆっくりと
視界が広がっていく…。
暮れゆく空とイルミネーション
小さな光の中に
たくさんの人の命が活きている

だけど…

辿り着く頂点は思っていたより
ずっと近くて

もっともっとと
星の海を探してしまう

人のいる場所は
案外これと同じで
そこにあるあたり前の景色を
観ているようで観ていない

今いる景色を
時にはじっくり味わって
見上げ続けてる視線を
もう少し下げてみて

案外 
幸せというものは
自分のすぐそばで
変わらずに
美しい眺めを見せてくれているのだと
気づくかも知れない。

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉の真実

思いを言葉で伝えることは
大切なこと。
難しい時もあるけれど。

相手の思いをくみ取ることも
同じくらい大切なこと。
難しい時もあるけれど。

文字を読み 音も表情もない世界で。
それでも 泣いたり笑ったり
怒ったり 悲しんだり。。。

どんなに自分を隠してみても
隠しきれるものじゃなく。
本気だから きっとちゃんと
向かい合っているはず。
それはみんな同じなのだろうけど。

相手を知りたいから
限られた大切な時間を
精一杯楽しく過ごしたい。
また次に逢いたくなる 
そんな未来を描きながら。

そんなふうに
言葉で聴くのは初めてで。
ちょっと新鮮な感覚。
それは一方通行でもなく
お互いの相乗効果で。

そうだよね。うん。独りじゃない。

だけど

相手を思いやる気持ちの裏側に
優しい思いを優しい人を
演出してるもう一人の自分がいるようで。

わたしは…

言葉を紡ぎながら
その力を信じながら
だけど
言葉を信じていない。

そんな矛盾の中で
冷たい氷の壁に閉ざされているのです。
否、閉ざしているのか。。。

言葉が全てではなく
言葉を纏って
悪さをどこかに隠してるから。
きっと…
わたしは優しい人じゃないのだろう。。

”優しい人が好き”

私はそういう人を信じない。

美しい真実の言葉に焦がれながら
虚飾の言葉を軽蔑しながら
ときに言葉の狭間に陥り
言葉の限界を知る。

言葉の前に 
想いがあり
想いが 
行動をきめてゆく。

だから…

想いとは
言葉じゃなくて
何かを起こすことであって。

言葉は後からついていけばいい。。

のだと… 思う。

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »