« 虹夢だより 2 | トップページ | 言葉の真実 »

沸点

想いが深くて 深すぎて
自分の身を切るほど傷付いて
奥まで刺さったナイフは
血さえも滲まないほど鮮やかに
細やかな神経線を切断していく

想いの深さを伝えることは
とても難しいね
互いの想いの辿り着く場所は
きっと同じはずなのに

ほんの少し道が違うと
不安になったり
消していまいたくなったり。

誓った絆を試されているような
それはきっと一瞬だけれど
終わりが見えないもどかしさと
刻んできた今という過去と
あふれ出してとまらない想いの欠片が

足もとにココロにからみついて
歩けない…

もしも

置き去りにされてしまったと
思える時があっても

きっとそれは
あなたにとって
二人にとって
いつか辿り着くべき場所への

ほんの途中

差し出した手は
宙に独りぼっちだと思えても
今は見えないだけ きっと

想いが深すぎて
もしも感情が 沸騰してしまっても
沸点を超えることはないのだから

この雨の中
ゆっくりとゆっくりと感情の雨に濡れて
ここが終わりではないことを
想いだしてみて

ちいさなプライドが
全てだと思うこだわりも

その想いすら
全て包みこめるように。

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

|

« 虹夢だより 2 | トップページ | 言葉の真実 »

コメント

確かにそこに在るのに
するりと零れ落ちていく
そんな想いが
もっともっと と

投稿: rayart | 2008年9月30日 (火) 23時28分

☆rayartさま☆

ゆるぎない想いを
信じる術がなくて
もがくほど 迷いの森の中。

ただ一筋の光だけでいい
見つけることが出来たなら。。。

投稿: 沙羅 | 2008年11月 3日 (月) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沸点:

« 虹夢だより 2 | トップページ | 言葉の真実 »