« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

秋色気配

明らかに 

昨日までとは違うと感じる

少しずつ 

移ろいゆく季節の変わり目

日中の暑さも然り

渡る風もまた。。。

今宵は夏の名残りの満月 

柔らかなその光は 

次の季節のプロローグにも似て

夜空に滲み逝く 虫たちの声が

過ぎゆこうとする 夏の熱さを

優しく過去へと誘う

レクイエムのようで

少しずつ 冷めていく大地の匂いに

刹那 肩をすぼめて

感傷的に見上げる

今宵満月

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

未完の詩(うた)

ココロは 空のようなもの

いくつもの色をもち 

流れる雲に 立ちこめる霧にさえ

一期一会の刹那を映す

鮮やかな喜び色や

くぐもった哀色

急激に姿を変える色彩の

どれもを 受け入れ難く 

もてあまし・・・

されど

どれもが 自分であり

切り取られた瞬間の色を

紡ぎ続ける

楽に生きられる術を

自ら閉ざし 認めず

そうでなければ

見ることのできない色彩を

終わるともなく 探し続け

今日も ココロを研ぎ澄まし

流れゆく

”今”を ”過去”を ”未来”を

渡る旅人のように…

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライヴ

見上げる空は 

創られた星々

むせ返る甘い髪の匂い

幾重にも飾られたライトは

幻想をリアルに映し出し

音のひとつひとつが

耳から皮膚から染みこんで

まるで乾いた大地が

水をほしがるように

潤っていく

あなたの声に 躍動に

解けていく

音の波に飲み込まれ

小さな箱はわたしを揺らし

まわりを揺らし

あなたを感じ 誰かを感じ

わたし自身を感じ 

ひとつに融合してゆく 

明日なんてこなくていいから

この狂おしい刹那に

自分を解き放て

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リラクセーション

どんより疲れが溜まった時は

瞼を閉じて

力を抜いて

ゆっくりと

新しい空気で

身体の隅々まで満たしてみて

どこまでも広がる青い空と

のんびり浮かぶちぎれ雲

海を渡る風を感じ

鳥の声を遠くで聴いて

ゆれる葉擦れはサワサワと

ココロのカーテンを揺らすでしょう?

もっともっとゆっくりと…

溜まった澱を吐き出して

力がだんだん抜けていく

その感覚が大切なの

毎日暑くて大変だけれど

煮詰まりそうな時

どうか想い出して・・・・

わたしは

貴方の瞳に映る

青空になりたい

やわらかそうな雲になりたい

爽やかに歌う鳥になりたい

青い葉になって

あなたへの想いを囁いていたい

風になって

あなたの唇に触れていたい

そうして

あなたが瞼を開いたとき

いつも微笑んでいる

優しい存在でありたいょ

↓ブログランキングに参加しています。

お気に召しましたらクリックお願い致します。

Banner_01_2にほんブログ村 ポエムブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »