« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

水の記憶


こころのざわめきを

消し去る術があるのなら

今はただこうして

さらされる風に身を委ね

何も考えず 

虚空の海を漂っていたい

子宮の中の心地よさにも似た

命の水の記憶を呼び覚まし

明日はまた 

新しい自分が 

きっとそこにいるはず


| | コメント (0)

ふたり


移ろいゆく時の流れ

確かなものは

互いの瞳の中にいる

この瞬間だけ

だから

振り向かず

先を見すぎず

昨日は崩れ去り

明日は神の所有物


今 ここに

その場所にいるのは

ふたりだけ


確かなものは

今 ここにある

あなたのぬくもり

| | コメント (0)

kokoro



少しずつ

ほんの少しずつ

こんなあたしでも

いい方向へ進んでるの?

「言葉は心」 

そう言っていた作家もいたけれど

自分を探す旅は 

きっと まだまだ続くんだよね。

だけど、

いつだって素直なkokoroで

接していたいな

この世界で触れあうもの すべてに

| | コメント (0)

普通ということ


自分がわからなくなったとき

迷いの道は果てしなく続くと思った

自分が嫌いになったとき

嫌いな自分を哀れと思った

自分自身がわからなくて

どうして人が見えるのだろう?

そうしてまた

迷いのスパイラルに巻き込まれてく

どんなに考えても

答えなんて出ない・・・

だけど

考えるのをやめたとき

もしかしたら

わかるのかもしれない

だけど・・・・・

そうしてまた


墜ちていく

光の見えない


スパイラル・・・


| | コメント (2)

限りある命


人はみな

限りあるからこそ

今日を 今を

愛しく感じることが

できるのでしょう

今 ここで

偶然のように見える出会いすら

触れあう瞬間を大切に

別れ来る時を 

惜しむかのように

だから

今 ここで

身体中を研ぎ澄まして

感じよう

全てのことを

今 ここで

| | コメント (4)

いのり


大切な人たちの笑顔が

香しい花のように

わたしの心を

満たしてくれる

その微笑みが

いつの日も

輝いているような

平和な毎日でありますように。。。


| | コメント (0)

伝えたいコトバ

「もっと傍にいたいの」


その言葉が

のど元までこみ上げて

今にも溢れそうなのに

唇が

そう形作られる

その一瞬に

また奥深くまで

押し込めてしまう


本当に伝えたい想いだけ

禁じられたように

幽閉されている

臆病な檻の中


| | コメント (2)

優しさって・・・


なんだろう?

優しさって

大きな想いで

包むこと? 包まれること?

それは とても

ぬくぬくと 心地よいけど

それだけで

もう ずいぶん幸せなんだけど

すこし暖まると

もっともっと違うことを

望んでしまう

わがままだったり

贅沢だったり


もっともっと私だけに

優しさが欲しいの

我が儘だとわかってるけど

そう願わずにいられない

| | コメント (0)

雨 雨 雨


大粒の雫が

ほほを濡らす

まるで涙の軌跡のように

心までなぞってゆく

寂しい夜には 優しさで

泣きたい夜には ぬくもりで

辛いことも 苦しいことも

雨の雫のように

あっさりと

流してくれたらいいのに

 

| | コメント (0)

キラキラ


弾けるように明るくて

そのエネルギーで

観ているわたしまで

笑顔になってる

たとえるなら

夏のオレンジ

愛する人ができたなら

きっとありったけの想いを込めて

素直に飛び込んでいくんでしょうね

あなたの明るさの裏側にある

繊細で寂しがりな心まで

しっかりと受け止めてくれる

運命の人

焦らないで ゆっくりと

どうか探し出して

そうして

二人でキラキラと

眩しいほどに輝いて

あなたを観ていると

素直にそう願う

あたしがいる


| | コメント (0)

優しい声


その響きは

まるで

乾いた喉もとを

透き通るように

潤してゆく

どんな時でも

あなたの歌声は

枯れそうな心に

命の息吹を与えてくれる

だからいつだって

暖かく守られているんだね

ありがと^^


| | コメント (1)

今日の独り言(苦笑)


いろんな人がいるけれど

その人らしく生きてくことって

それはそれでいいことだし

誰かが構築してゆくものでもない。


だけど

人との接点は自分だけが

創れるものじゃない。

一方通行の会話しかできない人は

きっと

相手を見ることなんて

一生できないんだろなぁ(苦笑)

| | コメント (0)

銀の鎖 〜inspire by T's dream〜


唯ふたりだけを繋ぐ 

銀の鎖

血に染まった君を抱きながら

どこまで行けるのだろう

何かに追われ

何かから逃れるように

僕は君を抱いたまま

ひたすら走り続けた

鎖の痛みも

二人の絆をさらに強くしてゆくようで

もう

この世界に

君とふたりでいられる場所なんて

ないのかもしれない・・・

哀しみがこみ上げて 

息もできないほどなんだけど

この哀しみの果てまでだって

行ける勇気はあるんだ

哀しみから逃れられなくても

この哀しみを引きずりながら

生きていけるさ

君がいるから


そんな切ない 夢をみた。

inspire by T's dream

| | コメント (0)

眠り


眠りの中で

悲しみや辛いことが

リセットできるなら

眠り続けたいなぁ・・・

次の朝も

真っ白な気持ちで

はじめられますように

| | コメント (6)

調べ 2



大好きな歌は

大好きな人の言葉と同じくらい

心の奥深くまで

染み込んでゆくよね

それはそれは

魔法のように

奇蹟のように

寂しいこころを

癒してく

どんな時だって

傍にいてくれる

大切な調べたち

独りぼっちで

潰れそうな夜も

優しいその旋律に

包まれて 抱かれて

涙がでるくらい

抱きしめて

それは

あたしだけの

命の調べ


明日も また

新しい自分で

立っていられますように。

優しい旋律の・・・・・






| | コメント (0)

調べ



ほんの少しあいた

心の隙間を

埋めてくれるような

優しい音楽が好き


悲しみや嘆きで

ちぎれそうな心の

無数にあいたそのすき間を

ただ静かに

埋めてくれるような

優しい音楽が好き


その調べに浸りながら

ゆっくりと ゆっくりと

また

明日も

微笑んで

生きてゆけますように


祈りを込めた

命の調べ

| | コメント (2)

調べ



ほんの少しあいた

心の隙間を

埋めてくれるような

優しい音楽が好き


悲しみや嘆きで

ちぎれそうな心の

無数にあいたそのすき間を

ただ静かに

埋めてくれるような

優しい音楽が好き


その調べに浸りながら

ゆっくりと ゆっくりと

また

明日も

微笑んで

生きてゆけますように


祈りを込めた

命の調べ

| | コメント (2)

帰 還



おかえりと

微笑んでくれる人がいるって

なんて素敵なことなんだろう


ただいまと

ハニカミナガラ

答えるあたし


なんだかなぁ・・・

この世界の繋がりって

危ういようで

とてもとても強いんじゃないのかな


今日は 心から

そう思える 夜更かし^^

ここにいさせてくれて

本当にありがとう


これからも 

どうぞよろしくね

| | コメント (3)

故障


真夜中に 

突然唸りだした PC

固まってしまった画面は

まるで 

取り残された 私の心のようで

どこへもいけぬまま

思いだけが 増幅してゆく

ここを通してしか

伝えられぬ想い

それが 消えてしまったなら

やり場のない気持ちは

一体どこへ 堕ちてゆけばいいんだろう?

(苦笑)

こんなにも

私の多くの部分を占めている

気づかなかったけど

侵食されてゆく

ネットの中の自分へと

| | コメント (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »